食事は『作業』でしかない 「食べることが苦手な人」を描いた漫画に反響

http://j-facebook.club/mi2731/

人の好みや考えはそれぞれ異なります。「食べるのが好き」という人もいれば、「食べるのが苦手」という人もいるのです。

「なんで?おいしいものを食べるのって楽しいのに…」

きっと、多くの人は疑問に思うことでしょう。

『食べることが苦手』な人の話

自身の経験を元に漫画を描いた、しらすおでん(@sirasuoden)さん。子どもの頃から『食べることが苦手な人』でした。

 フォローする

しらすおでん @sirasuoden

「食べる事が苦手」という話。「食べる事が好き」または「太りぎみ」という方に是非読んでもらいたいです。 pic.twitter.com/nCJ9SCLRPo

 フォローする

しらすおでん @sirasuoden

ちなみに先ほどアップした漫画は「楽しく食べて太ってしまっている人」に向けて「それは幸せなことなんだよ」と言いたかったので全ての太ってる人が羨ましいという意味ではないです。

『食事が苦手な人』は理解されづらい

食への関心が薄い人や、偏食の人は、『食事』というものに対して苦手意識を持ちがちです。

「おいしいものを食べないだなんて、人生損してるよ!」

「残しちゃダメ。全部食べなさい」

こういった言葉で、『食事は楽しくない』と感じてしまう人もいます。

しかし、『食事』とは本来「何を」食べるかだけでなく、「誰と」「いつ」「どこで」「どんな状態で」食べるかも含めたもの。投稿者さんが友達と一緒にご飯に行くと、「いつもより食べられる」というのも、そのためでしょう。

食事に対して、「いっぱい食べるほうがいい(正しい)」といった意見もありますが、誰もが量を食べられるわけではありません。

いっぱい食べられる人もいれば、あまり量は食べられない人もいる…そんな当たり前のことが自然に受け入れてもらえるような社会になるといいですね。