【驚愕の結果】パトカー『前の車止まりなさい!』私『えっ』→警察『携帯、触ってただろ?見たんだよ!』私『…携帯、何色でした?』すると警察は・・・

http://fcaeboook.net/mi2018/

【驚愕の結果】パトカー『前の車止まりなさい!』私『えっ』→警察『携帯、触ってただろ?見たんだよ!』私『…携帯、何色でした?』すると警察は・・・

【驚愕の結果】パトカー『前の車止まりなさい!』私『えっ』→警察『携帯、触ってただろ?見たんだよ!』私『…携帯、何色でした?』すると警察は・・・

まだガラケー使ってた頃。覚える仕事が沢山あって毎日バタバタしてた。

ある日の通勤途中、ふと車の小物を入れるスペースに

白い箱が置いてあるのを発見。 あれ?これ何だっけって思って

信号待ちの間手に取って見てた。

箱のラベルには携帯の充電器の文字。

そう言えばずいぶん前に充電器壊れて買ったんだっけ。

箱捨てないでそのまま放置してたわ、

とかなんかそんな事思いながら箱を元の場所に戻した。

それから少し走った所でふとバックミラーを見たら

パトライトガンガン回しながらKが追っかけてきてる。

当時音楽を結構な音量で流しながら走ってたから

気が付かなかったんだけど、音楽止めたら

「前の車ー!止まりなさいー!!!」 ってずっと言ってたっぽい。

めっちゃ恥ずかしくなって慌てて車寄せて止めて、

すいません音楽流してて気が付かなくってって

言い掛けてる私を押しのけていきなり免許証出せと来た。

Kはいかにもベテランですな空気出してるおっさんと、

いかにも新人ですな空気出してる若いにーちゃんの二人組。

ベテランは 「まぁ見ておけ。俺が手本みしちゃる」

って感じで大張りきり何も身に覚えが無かったし

普段一時停止もシートベルトもちゃんと守る

超優良児の私はファビョって

「え、いやこれ何の取り調べですか?」って聞いた

一連の流れ

ベテラン 「携帯。やってただろ?」 私 「は?いやいやいややってないですよ!」

ベテラン 「みんなそう言うんだよね~」

私 「いや、携帯カバンの中のチャック付きのポケットに

入れたままですし家出てからそこから出してません」

ベテラン 「止まれって言った時直ぐ止まらなかったでしょ?

証拠隠滅する時間なんて幾らでもあるよねえ?」

私 「だから音楽流してて(ry」

ベテラン 「あのねぇ?僕達二人でちゃーんと見てたんだよぉ?

お目目四つあるの。間違える訳ないの。わかる? 冤罪なんてこの世に存在しないんだよ」

私 「・・・」

ベテラン 「はい、何も言う事ないんだったらさっさと免許証だして。」

私 「・・・携帯の色、何色でしたか」

ベテラン 『白色でしょ?なぁ新人!白だったよな!』

新人 『はい』

私 「私の携帯、ピンクなんですけど」 ベテラン 「えっ?」

私 『ピンクなんですけど。 四つのお目目でちゃんと見てたんですよね?

見てた結果白だったんですよね? 冤罪なんて無いんですよね?』

ベテラン 「いや、でも、え、確かに白色・・・」

私 「ちゃんと見ろや!!!」

『ベテランの目の前でカバンのチャック開いて ピンクの携帯を紋所のように掲げる』

ベテラン『っ!ち、違う!これじゃなかった!! さては二台持ちだな!!調べさせろ!!』

私 「お好きにどうぞ。その代わりもしこれで会社遅刻したら

あなたがうちの上司に連絡して事情説明して下さいね」

~30分後~

結局存在なんてしない 白い携帯を見つける事は当然の事ながら出来ず、

新人の前で威張り散らしていたベテランKは

顔を真っ赤にするやら真っ青にするやらしながら

うちの上司に電話して低頭しながら謝罪をしたとさ。

因みに二人が目撃した「白い携帯」は

恐らく充電器の空箱だったと思われる。