競馬のイメージを変える姿に涙 優勝馬に寄り添う男性の正体は

http://j-facebook.club/mi2665/

競馬を知らない人からすると、競馬に対して『ギャンブル』としての側面を強くイメージする人も多いのではないでしょうか。

そのイメージを変えるような一幕が、2017年4月9日に開催された『第77回 桜花賞』で目撃されました。

会場がどよめいたレース展開

優駿牝馬(オークス)と秋華賞と合わせて『牝馬三冠』と言われる桜花賞は、開幕戦にあたる大事なレースでもあり、毎年多くの競馬ファンの注目を集めます。

そして今年、桜花賞を制したのはレーヌミノル。事前予想で「死角なし」とまで言われたソウルスターリングを破っての優勝で、予想外のレース展開に多くの競馬ファンが沸きました。

何が起こるか最後までわからないドラマのようなレースの裏で、もう1つのドラマが展開されていました。

「競馬はたんなるギャンブルじゃない」

Twitterユーザーのどんまぃ(@never_mind3104)さんが公開したレース後の写真には、見る人の胸を熱くするドラマチックな光景が収められていました。

レーヌミノルに寄り添い涙する男性は、中井仁調教助手。馬の身の回りの世話や健康管理などを行う、いわば馬にとっての親代わりのような存在です。

また、中井調教助手にとっても、レーヌミノルは娘のような存在なのでしょう。涙するその姿は、娘の晴れ姿に感動する父親のようでもあります。

 フォローする

どんまぃ @never_mind3104


競馬はたんなるギャンブルじゃない
馬券をハズしてもこれだから競馬は辞められない pic.twitter.com/7KbCMBChLe

競馬はたんなるギャンブルじゃない

投稿者さんの言葉通り、調教助手と競走馬以上の関係を感じさせる1人と1頭の姿…勝敗だけでは語り尽くせないドラマがそこにはありました。