母親が一番小さい娘の足の裏をくすぐった。1分後、その2歳児は死んでいた。

http://fcaeboook.net/mi1680/

一瞬にして幸せを奪われた家族。しかし悲劇から1年後、「3つ」の奇跡が起こりました。

その日コブル家の家族は、カイルの5歳の誕生日するためにお祭りへと出かけていました。カイルの2人の妹、4歳のエマと2歳のケイティー、母親のロリ、祖母のシンディーが一緒でした。カイルのお気に入りは、観覧車と動物と触れ合えるこども動物園だったそうです。

楽しいひと時を過ごした家族は、子どもたちのお昼寝の時間に合わせミニバンに乗り、家路につきます。渋滞に巻き込まれる中、ロリは下の娘の足をくすぐりました。しかし、これが娘の笑顔を見る最後の瞬間となってしまったのです。

Facebook/The Coble Family

家族が乗るミニバンにトラックが衝突、ロリとシンディーは意識を失い、後部座席の子ども達も重体で病院へ運ばれました。事故現場にブレーキ痕はありませんでした。トランクは、スピードを緩めることなく衝突してきたのです。

Youtube/beatriceschreiber

ロリとシンディーは病院に運ばれる途中で意識を取戻し、怪我も軽少でした。しかし、連絡を受けた父親のクリスが病院に到着したとき、2人の娘はすでに息を引き取っていました。カイルも生命維持装置に繋がれた状態で、医師から助かる見込みは無いと告げられてしまいます。数時間後、生命維持装置を取り外すことを決断したロリとクリスは、カイルを最期の一呼吸までまで見守り続けました。「僕はクリスの心臓が止まるまで手を彼の胸の上に置いていた。そして心臓が止まって彼は天国にいってしまった」クリスは言います。

Facebook/The Coble Family

カイル、ケイティー、エマの3人が小さな子ども用の棺桶が並ぶ葬式では、すすり泣きや嗚咽が絶えず聞こえていたといいます。

Facebook/The Coble Family

わが子3人をなくした心の痛手は想像を絶するものでした。こどもの多い地域に住んでいたロリとクリスは、子ども達の笑い声が聞こえる度、窓を閉めて家の奥の方に行くようになり、仮装した子どもたちで溢れるハロウィンの時期には、町から遠ざかりました。

Youtube/auntiefunny

この頃は、自殺までもが良い選択に思えたといいます。でも2人はお互いに、絶対に自殺をしないと誓いあったそうです。「時々、この悲しみからもうどうにかして逃げたくなるんです。当時は自分も死ねば子ども達とまた一緒になれるんじゃないかとも考えました」クリスは言います。「でもお互いを残して逝くなんてことはしないって誓ったんです」

Youtube/auntiefunny

そして2人は、事故の3ヶ月後に再び子どもを作ろうと決心します。「当時、新しい人に出会う度、僕らは『子どものいないカップル』と自己紹介していました。でもそれがしっくりこなかったんです。方法は人工授精を選びました。そして生まれてきたのが、偶然にも2人の女の子と1人の男の子だったんです。当初望んでいたのは1人でしたから、三つ子を妊娠したことを知ったとき運命的なものを感じました。子どもたちが蘇ったとは思っていません。でも、これは奇跡かもしれません」

Facebook/The Coble Family

カイル、エマ、ケイティーを失ってから約1年後、三つ子のアシュレー、エリー、ジェイクが生まれてきました。「家が明るくなり、心も明るくなりました。子どもたちが愛と幸せと笑いを与えてくれたんです」ロリは言います。

Facebook/The Coble Family

三つ子は自分たちが生まれる前に3人の兄弟がいたことを知っています。家中に写真が飾ってあり、両親も3人について良く話すといいます。家族全員で3人が眠る墓場にピクニックに出かけることもあるそうです。

Facebook/The Coble Family

3人兄弟を失った心の傷は永遠に癒されることはないかもしれません。しかし、その後の三つ子の誕生はロリとクリスに再び生きる力を与えてくれました。

なんだか不思議な力を感じずには入られませんね。