【NHK受信料裁判敗訴→大法廷判断へ】放送法受信契約義務「NHKは憲法が定める契約の自由に違反。受信料払う必要はない」→訴訟した男性に称賛の嵐!

http://fcaeboook.net/mi1867/

国営企業NHKと一般個人男性がNHK受信料を巡って最高裁まで争った結果、大法廷判断までもつれている件。

【NHK最高裁敗訴→大法廷判断へ】放送法受信契約義務「NHKは憲法が定める契約の自由に違反。受信料払う必要はない」→訴訟した男性に称賛の嵐!

訴訟提起して最高裁まで争っている男性に対し、ネット上では称賛の声が相次いでいます。

・大法廷の判決が完全な判例になるのでこの判決結果はかなり重要。NHK敗訴を願います。

・NHKを観てない人にも受信料払わせるのはどう考えてもおかしい!

・この問題がとうとう大法廷にまで行くとは。結果が大変興味深い。

・これは判決によってはマスコミ業界を超えて大激震じゃないの?
法律問題としてみたらNHKの主張する契約義務は単なる押し売りとしか思えず、法的正当性があるのか非常に疑わしいと思うんだけど。

・これは放送法が違憲。にしても、最高裁まで持っていくって、この男性もすごいな。

出典:yahoo.co.jp

 NHKは今回の訴訟で「受信契約締結の申込書を送った時点で自動的に契約が成立する」と主張しているそうです。相手が契約に承諾しなくても、放送法の規定に基づき受信料を支払う義務があるとのことですが、これはやはり一般の契約・商慣習を鑑みると消費者からは極めて不自然で偏った契約のように思えてなりません。

消費者は自らの意思で購入することを決めるもの。対価はそれに相応しいものであれば当然のように支払いますし、見合わないと判断したら買いませんし、途中で解約したりするのが普通です。

問題なのは、
・テレビは見たいから買っているけども、NHKが見たくて買っているわけではない。
・支払いを求めるなら、支払う視聴料に見合ったコンテンツを提供しろよ!
・必要であれば見るけども、視聴料に全く見合ってない。従量制料金にでもすればいいだろ?

といった意見が大半でしょうね。

個人的には、このNHKの受信料裁判の判決次第では受信料というのは憲法で規定されている財産権や、商法で規定されている契約の大原則(双方合意)より優先されるって事になりますよね。それはどう考えても異常事態だと思います。放送法の改定が急務でしょうね。

まあ、視聴者の意見はともかくとして、事実は一体どうなんでしょう。

各メディア上で記載されている『事実』だけを簡潔にまとめてみました。掘り下げてご確認されたい方は、各リンク先よりご覧になってくださいね。

今回の訴訟ではNHKが受信契約を結ぶ申込書を送った段階で成立するかが争われており、最高裁が初めて統一判断を示すとみられる。

男性は放送法の受信契約義務について「憲法が定める契約の自由などに違反しており、受信料を払う必要はない」と主張。大法廷は放送法の規定が合憲かどうかの憲法判断も示す見通し。

出典:nikkei.com

 自宅にテレビがあるのに契約せず、受信料を支払わない男性をNHKが訴えた裁判で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は2日、審理を15人の裁判官全員で行う大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)に回付した。受信契約の義務について、初の憲法判断を示す見通し。

出典:jiji.com

 NHKの支払いに応じない受信契約者に対してNHKが実施する民事手続きの中で,受信料債権は何年で消滅時効になるか(時効期間)が問題となっていた。

9月5日の最高裁判決において,受信料債権は民法169条の定期給付債権であり,消滅時効の期間は5年だとする,最高裁として初めての判断が示された。

時効制度では,時効期間を過ぎても,実際に債権消滅の効果を発生させるには,当事者による時効の効果を受ける意思表示(援用)が必要だとされており,時効の効果を受けるか否かを当事者の意思に委ねている。

出典:nhk.or.jp

 一審・東京地裁と二審・東京高裁の各判決は、NHKが受信料の支払いを求める裁判を起こし、判決が受信契約の「承諾」を命じれば契約が成立すると判断。「受信設備を設置した時期にさかのぼって支払わなければならない」として、男性にテレビを設置した2006年以降の受信料として約20万円の支払いを命じた。男性は放送法の規定は契約の自由に反し憲法違反だとも主張したが、一、二審判決とも「公共の福祉に適合し、合憲だ」とした。

出典:asahi.com

 男性は、NHKの契約手続きをしていないので契約は成立せず、受信料を支払う必要はないと主張。放送法は契約する自由を制限しており違憲だとも訴えている。

出典:nishinippon.co.jp

 NHK受信料支払いを求める訴訟で過去に放送法を違憲とした司法判断はない。NHKによると、10月25日までに全国で221件の訴訟を起こしたが、契約義務を否定された例もない。15年度の受信料支払率は約77%という。

出典:biglobe.ne.jp

 受信契約がどう成立するかや、受信料制度を定めた放送法の規定の合憲性について、大法廷が来年中に初の判断を示すとみられる。

受信料支払いを拒むケースは多く、判断はNHKの徴収実務に大きな影響を与えそうだ。

争われているのは「テレビの設置者は受信契約をしなければならない」とする放送法64条1項の解釈。

出典:hokkaido-np.co.jp

 大法廷は法令が憲法に適合しているか初めて判断する場合や、重要な争点があるケースで開かれ、最高裁の全裁判官15人で審理される。NHKは2009年から度重なる支払い請求に応じない事業所や世帯に民事裁判を起こしているが、地裁や高裁では合憲判断が定着している。大法廷はどの時点で契約が成立し、支払い義務が生じるかについても初めて判断を示す見通し。

出典:bizex.goo.ne.jp/

 ※判決で注目すべきは、裁判所がテレビを持っていても、契約書がなければ払わなくていい、と判断したことです。NHKは、テレビを持っていれば支払い義務は生じる、との姿勢ですが、それが否定されたのです。

江上裁判官は判決で、受信契約書に記載された署名と(裁判の)宣誓書に記載された男性の字体が一致せず、男性の妻とも筆跡が異なると認定。「受信契約を締結したものとは認められない」として、「放送受信料の支払い請求は理由がない」と結論付けたのだ。

勝訴した男性もこう憤る。
「私はNHKに契約書を見せてほしいとずっと言い続けてきたが、なぜか、NHKは契約書を見せませんでした。6年経って初めて契約書が提示されたのですが、おそらく私文書偽造の時効(5年)を迎えたからではないかと思っています。NHKも刑事事件を避けたかったのでしょう」

出典:blog.goo.ne.jp/

 受信料の督促 NHK初めて敗訴

NHKの装備は飛びぬけて豪華で、人件費もふんだんに使っている。
ある意味あれはバラ撒きの一貫なのかなと思える。

BSアンテナがあれば、半島のみなさまもNHKを見れる。
BSじゃなくても、電波状態が良いところはふつうに見れる。
日本国内の日本人の受信料で、海外の人々はタダ見出来るということ。
日本人は本当に気前が良い。
出典:xjtuaxs.com

 ■滞在者から徴収 NHKに受信料返還命令判決 東京地裁 2016年10月27日

テレビが備え付けられたアパート「レオパレス」に約1カ月入居した福岡市の男性が、放送受信料の返還をNHKに求めた訴訟の判決で、東京地裁は27日、請求をほぼ認めて1310円の支払いを命じた。佐久間健吉裁判長は「テレビは入居時点で設置されており、男性は据え付けていない。放送法は『受信設備を設置した者は契約をしなければならない』と定めているが、男性は該当せず、契約は無効だ」と指摘した。

出典:mainichi.jp

 ■ワンセグ携帯所有者はNHK受信料不要、さいたま地裁判決 2016/8/26

埼玉県朝霞市の大橋昌信市議(NHKから国民を守る党)が、テレビを設置せず、ワンセグ機能付きの携帯電話を所有しているだけで、NHKの放送受信料を支払う必要があるかどうかの確認を求めていた裁判で、さいたま地裁は8月26日、受信料を払う必要はないとする判決を下した。

判決を受けて、NHKは「判決は放送法64条の受信設備の設置についての解釈を誤ったものと理解しており、直ちに控訴します」とのコメントを発表した。今後もテレビを持たないワンセグ携帯の所有者に対して、受信料の徴収を続けるという。

出典:yahoo.co.jp

NHKがついに裁判負けた NHKが契約書偽造したと裁判所が判断

IFrame

 ■未契約者必見! NHK受信料契約には承諾が必要との判決

NHKが個人を相手に受信料の支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の下田文男裁判長は18日、「NHKからの契約申し込みと、受信者による承諾という双方の意思表示がなければ受信契約は成立しない」との判断を示した。

裁判長は「放送法には『申し込みと承諾が一致する以外の方法でも契約が成立する』とうかがわせるような規定はない」と指摘。総務相が認可しているNHKの受信規約でも、NHK単独の意思表示で契約が成立する方法は定めていないとして「契約は受信者に契約の承諾を命じる判決が確定した段階で成立する」と判断した。
出典:ystseo.net

 ■NHK、ずさんな金満体質と受信料値上げ検討に批判殺到 職員は高給で多額経費使い放題

組織としてのお金だけではなく、NHK職員たちの高給ぶりにも注目が集まっている。平均給与は2012年度で1185万円、さらに住宅や転勤、保険など手厚い手当が付き、それらを含めると平均年収は1780万円まで跳ね上がるという。

民間企業では労使折半の保険料も、NHKでは事業者負担が62%と低く、職員の自己負担が少ないなど、かなり優遇されていることがわかる。

また前出の職員は、「NHK職員は、定年後の収入も安定している。本人が望めば、関連会社に再雇用され、年齢制限なく働くことができる。実際に、70歳になっても週に数回働きに来ているOBがいる」といい、民間企業では考えられないほど・・・

出典:livedoor.com

 ■NHK職員の不祥事一覧(多すぎるので2010年以降に絞って抜粋)

2010.10.08
報道局スポーツ部の30代記者が取材先の日本相撲協会の関係者に対し、警察による家宅捜索の情報を漏えい

2010.10.16
尖閣諸島漁船衝突事故・中国大使館包囲デモで参加人数を2800人と捏造(警察発表5800人・主催者発表途中で3200人)

2011.01.01
NHK首都圏放送センター職員西山泰史容疑者(27)を駐車中の乗用車内を物色したとして逮捕

2011.01.03
NHK松江放送局のディレクター、大久保泉容疑者(29)=松江市北田町=を男性裸体撮影で侵入、容疑で現行犯逮捕

2011.02.21
ビデオリサーチ発表の視聴率データをネット掲示板に不正投稿、無免許運転1年5カ月…NHK、2人処分

2011.02.28
自殺未遂のNHK金沢放送局の元委託カメラマン、若生康貴容疑者(35)=金沢市=、主婦の死体遺棄の疑いで逮捕

2011.03.03
NHKプラネット中部支社の契約スタッフ、尾上祐一容疑者(23)引っ越し荷物を置引、窃盗の疑いで逮捕

2011.03.28
NHKアート男性社員(43)酔って帰宅途中のタクシー車内で吐き口論になり運転手を殴ったとして暴行の疑いで逮捕

2011.08.08
NHK・教育番組プロデューサー逮捕、電車内で盗撮「ストレスたまって…」

2012.10.06
NHK国際放送局編成広報部専任ディレクターの前野公彦容疑者(44)=川崎市=を器物損壊容疑で現行犯逮捕…」

2012.11.14
森本健成アナウンサー、強制猥褻で現行犯逮捕

2016.01.11
塚本堅一アナウンサー、危険ドラッグ所持容疑で逮捕

2016.02~
お天気お姉さんをイジメで生放送中に泣かせたり、同じ番組を担当しているキャスター同士が不倫してたり、女子アナが高級デートクラブで稼ぎまくってたり、不祥事連発中!
詳細は次ページの関連記事よりご覧ください!

出典:www35.atwiki.jp

ちなみに、NHKの名を語った詐欺も流行しているらしいのでご用心を!

NHK社員(集金人)3人を現行犯逮捕した時の映像

IFrame

最後にNHKで起きたハプニング映像をご紹介させて頂きます。

「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が連載終了することを生放送でニュースに流した時のこと。期待以上のカミカミ具合で、SNSで大爆散された時の映像は秀逸ですww

【放送事故】こち亀連載終了のニュースをNHKが噛む。【悲報】【爆笑】【神回】【twitterで話題】

世代を超えて親しまれッた、人気マンガ、こちら葛飾区亀有公園前ハシュツッモァ…ハシュツッモァ!!…派出所がw

IFrame